(2021年)Twitterアカウントの規制の対処法

Twitter運用

みなさん、Twitterアカウントを作成したばかりは沢山フォロワーを増やしたいと思った事ありませんか?
そしてフォロワーを増やすために沢山フォロー行為をしたり、リツイートなどをしていませんか?
アカウント作成をしてすぐだったり、過剰なフォローやフォロー解除、リツイートなどはアカウント凍結の確率が上がってしまいます。
今回はTwitterアカウントの安全な運用方法についてご紹介します。

 

Twitterのリミットについて

こちらの方はTwitterの公式ページにて詳細が書いてあります。
Twitterのリミット
フォロー上限は1日に400人となっていますが、アカウント作成してすぐは規制されやすいので十分にご注意ください。
アカウント作成初日は30人ほどにすると良いでしょう。
またリツイートもあまりしすぎるのはやめておきましょう。
規制レベルの低いいいねなどは沢山しても大丈夫かと思います。

制限の種類

Twitterでの規制の種類ですが軽いものから

  • 1時的な制限(Google reCAPTHAチャレンジのみ)
  • 1時的な制限(3日制限)
  • アカウントロック(電話番号登録強制とGoogle reCAPTHAチャレンジ)
  • アカウント凍結

とあります。また、1時的制限には短時間のフォロー制限やいいね制限など色々あります。
そのほかにシャドーバンなどがあります。
こちらの規制は比較的軽いのですが、自分が認知しずらい事が難点です。
あれ?最近ツイートに反応がないなと思ったりした人は一度シャドーバンされているか確認してみましょう。
シャドーバンの確認はこちらから↓
シャドーバンされているか確認する


ユーザー名を入力してチェックしてみましょう。
すると上の画像のようにシャドーバンされているか確認出来ます。
シャドーバンされる事によって、検索に表示されなくなったり、リプが表示されなくなります。
でも安心してください。これは1時的な規制ですのでしばらくおとなしくアカウントを運用していれば問題なく規制は解除されます。

アカウントがロックされた場合

アカウントがロックされてしまった!
その対処法ですがアカウントに電話番号を登録していないのであれば、電話番号登録強制とGoogle reCAPTHAチャレンジする必要があります。
自分の携帯の電話番号を使用してロックを解除しましょう。
ここでTwitterのカウントを複数作成しており、すでに携帯の番号をアカウントに登録している場合は別の電話番号を登録する必要があります。
1つの電話番号で10個までアカウントに登録できますが、期間を空けないと同じ電話番号を登録できません。
その場合は電話番号を買うのをおすすめします。
Google voiceを購入してその電話番号で登録するのが良いでしょう。
私はこちらから購入しています。
SNSマーケティング総合サービス
こちらではインスタやTwitterのアカウントも販売しております。
また、いいねやリツート、フォロワーも購入できます。

アカウントを安全に運用するには

そもそもアカウントを規制されないように運用していく事が大切です。
新規アカウントを作成したら、2、3日は放置したり、フォロー行為もしない事がおすすめです。
アカウント作成日が古いものほど規制されるハードルは低いので、作成日が古いアカウントを購入するのも1つの手です。
みなさんもTwitterアカウントは安全に運用し、楽しくTwitterをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました