(2021年版)電話番号登録なしでGoogleアカウントを複数作成する方法

Twitter運用

みなさん、Googleアカウントを複数個作成する時に電話番号登録を求められますよね?
あれは電話番号を登録しないと先に進めない場合があります。
Googleアカウントを複数作成する理由として、Twitterアカウントを複数作成したいけど電話番号登録で進めないなどなど様々な理由があると思います。
私自身Googleアカウントを20個ほど作成した経験がありますので、お役に立てればと思います。
今回はそんな人なために電話番号登録なしでGoogleアカウントを作成する方法についてご紹介します。

Googleアカウントで電話番号をスキップ出来ない例

 

Googleアカウント作成時に電話番号を求められる場合とそうでない場合があります。
アカウントを作成する際にこのような画面がでると思います。
ここの画面ですが、この画面の電話番号の所が省略可となっていれば電話番号を登録しないでアカウント作成できます。
電話番号を登録するメリットですが、ユーザー名やパスワードを忘れた際に必要だったり、アカウントのセキュリティ強化のために必要です。

電話番号登録をスキップ出来ない原因

電話番号登録をスキップ出来ない例としましては様々な要因があります。

      • 複数個目のアカウント作成
        Googleアカウントですが1つ目のアカウント作成ならば電話番号を登録しなくてもアカウントを作成出来ます。
        ですがアカウントを短期間に複数作成するとなると、電話番号を登録しないとアカウントを作成出来ません。
        また短期間にアカウントを作成しすぎるとこのような画面が出ます。
      •  安心してください。この表示が出てもまだアカウント作成出来ます。
        短期間のアカウント作成はリスクがあるので、皆さんはやめておきましょう。
        大抵一日くらい時間を空けると再度アカウント作成が出来るようになります。
      • 同じIPアドレスからのアカウント作成
        同じIPアドレスから何個もアカウントを作成すると、不審に思われたりセキュリティの観点から本人確認をされやすく、電話番号の登録をしないといけなくなります。
        なので、スマホでアカウント作成したら、今度はPCの方で作成したりするなどしてアカウントを作成する端末を分けるなど工夫した方がいいです。

電話番号登録をスキップするには?

          • スマホのGmailアプリからアカウント作成

スマホのGメールアプリからアカウント作成する方法だと電話番号登録を要求される事がほとんどありません。実際にスマホのGメールアプリから10個ほどアカウントを作成しています。
1時間以内に2個も3個もアカウントを作成しなければ電話番号登録を要求される事はないでしょう。

      • GoogleChromeのシークレットモードで作成

Gmailアプリでアカウントを作成しすぎて電話番号登録を要求された時、私はGoogleChromeアプリのシークレットモードを使用しアカウントを作成しています。
GoogleChromeのシークレットモードでは履歴やデータが、Google Chromeを終了した時点で保存されない仕組みになっています。
それを利用しGoogleアカウント量産出来るようになります。

まとめ

私は現在この方法を使ってGoogleアカウントを量産しています。
これでみなさんもGoogleアカウントの作成方法が分かったと思います。
これでメールアドレスは複数出来るので、サイトに登録するメールアドレスを分けたい、Twitterのアカウントの作成など様々な活用方法があります。
是非この記事をご活用ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました